子供を欲しがっている人に希望を与えてくれる卵子提供プログラム

卵子提供で子供を持てる可能性がある

子供を望んでいても、心身の状態や経済的な理由から子供を持つことが難しい夫婦は大勢いらっしゃいます。
不妊症もその一つです。
不妊症で病院を受診される夫婦は年々増加しています。
不妊症と一口に言っても、夫婦のいずれかに問題がある場合、両方にある場合、検査しても問題が見つからない場合などもあります。
その検査と治療には多くの時間と費用がかかり、その過程で子供を持つことを諦めてしまう場合も少なくありません。
「卵子提供」という言葉は不妊治療を長年行っている方ならば耳にしたことがあると思います。
これは、不妊の原因が女性側の卵子にある場合、非常に有効な治療手段です。
日本国内ではまだ卵子提供に関する法整備が不十分なこともあり、どこの病院でもこの卵子提供が受けられるわけではありません。
卵子提供のためのガイドラインの適応となる必要があります。
このガイドラインの適応と認められなければ、日本で卵子提供を受けることは難しいでしょう。
しかし、そのような場合でも海外での卵子提供をバックアップしてくれるエージェンシーに相談することで、海外での治療を受けられる可能性は残っています。
もしも、少しでも卵子提供に興味があるならば、今からエージェンシーの候補を絞り相談をしておくのもいいと思いますよ。

不妊治療の選択肢として注目を集める卵子提供

辛い不妊治療を続けていてもなかなか子宝に恵まれないという話はよく聞きます。
不妊治療は単純に体の負担だけでなく、精神的な負担が大きいのが辛いところですね。
お金と時間のやりくりや仕事との両立、各種申請や助成制度の確認など、負担が重なり、子供を持つこと自体を諦めそうになったら、少しだけ治療方法について考えてみてください。
あなた方夫婦の不妊の原因にもよりますが、精子や卵子を他者から提供してもらうことで子供を授かることができると聞いたらどうされますか?
日本では、限られた症例でしか許されていない精子提供や卵子提供ですが、海外では実は普通に行われている不妊治療です。
国によって治療の方針に違いがあるため、日本では精子提供や卵子提供の治療の基準として認められなくても、海外でなら出来る可能性があるのです。
精子提供や卵子提供を受けるためには、しっかりとした計画を立てる必要があります。
そのためにはまず生殖医療を扱うエージェンシーに相談をすることをおすすめします。
費用はかかりますが、自分たちで外国の病院と交渉する労力を考えると、ここは専門家に任せるべきです。
実績を多く持っているエージェンシーは大抵海外の病院と提携していますので、病院側も日本人の受け入れに慣れている場合が多いです。
不妊治療を諦めてしまう前に、こんな選択肢についても考えてみてはどうですか?

卵子提供プログラムを利用するには?

年齢と共に衰えていくことになるのが、卵巣機能です。卵巣機能が衰え、卵子の老化が始まると不妊治療を行っても、妊娠をすることが難しい状態へと変わっていきます。妊娠が難しく、不妊治療が長引けばその分多くの治療費がかかり精神的な負担も増えていきます。そんな状況を改善したいという場合は、卵子提供という選択をしてみることがおすすめです。
体内の卵子を若々しい状態に戻すということはできませんが、若くて健康な女性から卵子提供を受け、その卵子と配偶者の精子を受精させて子宮に戻すことによって妊娠の確率を高めることができます。そのため、少しでも早く配偶者の子供を持ちたいと考えるのであれば、卵子提供という方法も候補に入れておくと良いでしょう。そんな卵子提供プログラムを受けるためにまず行うことが、エージェンシーに相談をすることです。
卵子提供プログラムのエージェンシーと相談をして、納得をすることができればその先の治療へと進んできます。体外受精とは違い、卵子提供の場合は母体から採卵をしないため、母体にかかる負担が少ないというメリットもあります。そのため、不妊治療で悩んでいるのであれば、卵子提供プログラムという方法を考えてみると良いでしょう。

最新記事

  • 簡単な流れになっている卵子提供の実態

    卵子提供を実施することで、中々妊娠できない女性も飛躍的に妊娠できる確率をアップさせられます。そんな卵子提供なのですがエージェンシーに相…

  • 出産の成功率を上げてくれる卵子提供

    晩婚化が進むにつれて増えてきているのが、高齢出産です。40代になってから初めて子供を産むという人も多くいますが、不妊治療を行ってもなか…

  • 超高齢出産と言われるのは何歳から?

    増えてきてるのが、40代後半以降に妊娠を目指す夫婦です。超高齢出産と呼ばれる年代であっても、夫婦によっては自然妊娠をする可能性はありま…

  • 早発閉経をした人でも卵子提供という道が残っている

    閉経といえば五十歳前後の話で、若い間はまだ関係ないと考える人もいるでしょう。しかし、四十歳になる前に閉経を迎えてしまう人というのは少な…

ニュース