子供を欲しがっている人に希望を与えてくれる卵子提供プログラム

超高齢出産と言われるのは何歳から?

赤ちゃんの足

増えてきてるのが、40代後半以降に妊娠を目指す夫婦です。超高齢出産と呼ばれる年代であっても、夫婦によっては自然妊娠をする可能性はあります。更に、不妊治療によって子供を授かる夫婦もいます。しかし、年齢が上がれば上がるほど妊娠の確率は低くなり、治療の際の金銭的負担や精神的負担も大きなものへと変わっていきます。そんな状態を改善するために有効な手段が、卵子提供です。
卵子というのは年齢と共に老化が進行し、超高齢出産と呼ばれる頃には体外受精をしても妊娠をすることが難しい状態となります。しかし、そんな超高齢出産と呼ばれる年代になっても、若い女性の卵子を使って受精卵を作り、その受精卵を子宮に移植すれば妊娠をする可能性を大幅に高めることができます。
実際に、50歳前後の女性が卵子提供によって子供を産むということは珍しいことではなくなってきています。そのため、妊娠が難しい年齢になってから子供を望む場合は、通常の不妊治療だけでなく、卵子提供という選択肢も考えておくことがおすすめです。そんな卵子提供を受けるためには、まずエージェンシーに相談をするところから始めます。気軽に相談可能なエージェンシーも多いため、興味を持っているのであれば一度相談をしてみると良いでしょう。

最新記事

  • 簡単な流れになっている卵子提供の実態

    卵子提供を実施することで、中々妊娠できない女性も飛躍的に妊娠できる確率をアップさせられます。そんな卵子提供なのですがエージェンシーに相…

  • 出産の成功率を上げてくれる卵子提供

    晩婚化が進むにつれて増えてきているのが、高齢出産です。40代になってから初めて子供を産むという人も多くいますが、不妊治療を行ってもなか…

  • 超高齢出産と言われるのは何歳から?

    増えてきてるのが、40代後半以降に妊娠を目指す夫婦です。超高齢出産と呼ばれる年代であっても、夫婦によっては自然妊娠をする可能性はありま…

  • 早発閉経をした人でも卵子提供という道が残っている

    閉経といえば五十歳前後の話で、若い間はまだ関係ないと考える人もいるでしょう。しかし、四十歳になる前に閉経を迎えてしまう人というのは少な…

ニュース